技術ジャンル検索

キーワード検索:

選択ジャンル:液状化対策   検索結果件数:230件

[先頭]  <<    8   9   10   11   12   [13]   14   15   16   17   18   >>   [最後]

技術名称
NETIS登録番号
震災対応上の特徴 ジャンル
転圧管理システム GEO-PRESS (ジオプレス)
KT-100006
今回の震災で被害が大きくなった要因の一つである津波への対策として、住居の高台への移転が計画されています。 その際の造成工事において本システムは盛土締め固め作業の効率化と品質向上を図ることができます。 また、道路工事においても締固め作業が短縮できるため、道路整備の工期の短縮につながります。 液状化対策
補修・修復(路面,河川護岸,その他)
計測・測量
セメント改良固化土留壁構築工法(KR工法)
KK-120008
法面崩壊部の逆巻き工法による復旧。河川内及び陸上部の仮設土留工。コンクリート擁壁又はブロック積工に代わる安価なセメント改良盛土擁壁(宅造法には不適合)。日本で自給自足できるセメントを使用し、運転手(特殊)でバックホーによる掘削作業ができれば施工可能。 がれき・土砂処理(処分)
液状化対策
補修・修復(その他)
仮設(その他)
応急復旧
超微粒子系 高浸透型耐久性グラウト「Tai-Q C4000」を用いた薬液注入工法
KT-120065
Tai-QC4000を用いた薬液注入工法は、耐久性・高い強度が長期間保持できるので、液状化で生じた沈下・変位した構造物の基礎補強や再液状化防止のための地盤改良として有効です。また、構造物の基礎、護岸の背面等の復旧・修復目的の地盤改良にも適しています。 液状化対策
補修・修復(コンクリート構造物,橋梁,河川護岸,海岸)
CCC工法
QSK-120005
コラム状、壁状、格子状、全面改良等、単体から連続体まで任意の形状の改良を目的に応じ施工します。土留め、遮水、止水、液状化防止、不透水性地盤の造成等の他に、既存の改良体の補修・再施工にも対応します。 液状化対策
補修・修復(橋梁,河川護岸,海岸,その他)
マイルドベース
HR-120005
・粉塵発生抑制による沿道環境の改善、耐久性の向上による円滑な走行車両の確保を目的とした仮設道路への適用 ・災害廃棄物(コンクリート発生材等)の有効活用 ・液状化に伴う舗装体の路盤の被害の軽減 ・施工箇所付近に製造プラントがない場合、現地において移動式混合機で製造が可能 がれき・土砂処理(再生)
ライフライン復旧
液状化対策
補修・修復(路面)
応急復旧
V-JET工法
KT-120047
小型のボーリングマシンによる施工のため、空頭制限下、既設構造物の近接施工、狭隘地での施工に適用性が高い。 最大径5.5mの大口径改良が造成でき、液状化対策、耐震補強、沈下対策など幅広い用途に適用可能。 ライフライン復旧
液状化対策
補修・修復(路面,河川護岸,海岸)
高強度PRC版
CB-020006
本PRC版は特殊継手により、連結版がほぼ、一体構造になる為、地震発生等による液状化やカルバート前後の埋め戻し部に発生する沈下の抑制が可能になる。平成19年石狩湾新港で液状化実験に国総研と共同参画。近年では、日本海沿岸東北自動車道で沈下対策版として採用された。尚、維持補修も簡易に行える。 ライフライン復旧
液状化対策
補修・修復(路面)
仮設(その他)
応急復旧
河川堤防用ドレーン工「ドレーンロックFR型」
KK-050126
震災によって被害を受けた河川堤防において、堤体の浸透対策工(ドレーン工)として有効であり、地下水位の低下が図られる。また耐震補強の液状化対策として、間隙水圧の抑制を図る事も可能である。本技術はドレーン層をかご材により固定化して設置するため、法尻部の補強、排水の確実性、持続性等が期待出来る。 がれき・土砂処理(再生,処分)
液状化対策
補修・修復(その他)
その他
X-jet(クロスジェット)工法
KT-990495
土質の性状に関係なく一定の径で改良を行うことが可能なため構造物の近傍、および直下の液状化した地盤の改良を行う際、構造物への影響を最小にすることができる。 液状化対策
補修・修復(コンクリート構造物,橋梁,路面,河川護岸)
WILL工法(スラリー揺動攪拌工)
QS-090004
液状化対象地盤に固化材を注入しながら揺動撹拌混合し、固結することで強度増加を図る。液状化防止策としての固結工法および液状化後の構造物構築のための固結工法としての活用が期待される。 液状化対策
補修・修復(路面,河川護岸,海岸)
応急復旧

Copyright 2011, New Technology Information System.All Rights Reserved..