技術ジャンル検索

キーワード検索:

選択ジャンル:液状化対策   検索結果件数:236件

[先頭]  <<    1   2   3   4   [5]   6   7   8   9   10   11   >>   [最後]

技術名称
NETIS登録番号
震災対応上の特徴 ジャンル
HySPEED(ハイスピード)工法
SK-070007
仮設住宅や仮設構造物の基礎直下にハイスピード工法により、砕石柱状体を施工すことで、不同沈下を防止するとともに、液状化対策を行うことが出来る。液状化の低減効果については、震災による茨城県の住宅で実績がある。 液状化対策
その他
MITS工法(CMSシステム)
QS-000013
バックホウをベースマシンとしているため、機動性が良く、狭小な場所等での液状化した、または今後液状化が発生する可能性のある地盤に改良体を構築することが可能。また、構造物や沈下、陥没した道路、決壊した河川堤防等の沈下防止、地耐力増強等の改良体構築が可能。 液状化対策
その他
MITS工法 QSJシステム
QS-000012
バックホウをベースマシンとしているため機動性が良く、狭小な場所等での障害物含有地盤、液状化したまたは今後液状化が懸念される地盤に改良体を造成することが可能。また道路復旧、河川堤防復旧等の沈下対策、すべり抑止、地体力増強対策時の改良体の造成が可能。 液状化対策
その他
コロンブス(地盤改良工法)
TH-990043
宮城内陸地震、東日本大震災の被災地と埼玉、東京に約900物件の建物を建設したが、津波災害以外、大空間の天井落下事故、液状化事故は無い。石巻市にパイルドラフト工法基礎で建設した6階の鉄骨造建物は、1階は津波の被害にあったが建物本体ならびに基礎は損傷無く、救援施設に利用された。 液状化対策
計画・設計
浮上抑制型コネクトホール
KT-090045
震災後の復旧・復興において液状化対策を行う場合、早急な対策及び対応が必要となる。本技術は、二次製品であり液状化によるマンホールの浮上を抑制するため張出し部と開口を有する特殊底版を設けるだけで特殊な施工方法を必要としないため早急な復旧・復興が可能である。 ライフライン復旧
液状化対策
セラダクトA
CB-980038
セラダクトAは、地下ケーブル保護管として電線共同溝工事に、地震動や液状化現象の影響を殆ど受けない管路として、復興地域のライフラインの安全確保に役立つ製品です。これは、「阪神・淡路大震災」や「東日本大震災」後も、現地でケーブルを守り続けている事で証明しています。 ライフライン復旧
液状化対策
バリアフリーペイブ
SK-000015
舗装用ブロックの側面に嵌合形状を設けることにより、舗装ブロックが一つの面舗装となり、震災時の液状化現象による路面の隆起や沈下が生じた場合においても、嵌合形状の効果により、不陸や段差の発生を抑制することができ、復旧による補修工事や修復工事を抑えることができます。 液状化対策
補修・修復(路面)
エコTMS・管入替工法
KT-080006
被災して破損した公共下水道等の排水管を非開削で同一位置に新設管を入れ替えることができる。 非開削での改築推進工法の管渠入替は、液状化対策にもなる。 ライフライン復旧
液状化対策
トース土工法
QS-060005
トース土工法の利用案 1.海水に浸かった田畑の土を改良し透水性を高め、降雨や散水による除塩を効率的に行なう。 2汚染された土を水洗いする場合、透水性が良くなるので効率良く洗浄できる。 3改良した土で埋め戻しすることにより、液状化を抑える。 がれき・土砂処理(再生)
液状化対策
ジョイントシステム工法舗装(JS工法舗装)
SK-070005
舗装用ブロックの側面にジョイントを設けることにより、舗装ブロックが一つの面舗装となり、震災時の液状化現象による路面の隆起や沈下が生じた場合においても、ジョイントの効果により、不陸や段差の発生を抑制することができ、復旧による補修工事や修復工事を抑えることができます。 液状化対策
補修・修復(路面)

Copyright 2011, New Technology Information System.All Rights Reserved..