技術ジャンル検索

キーワード検索:

選択ジャンル:液状化対策   検索結果件数:230件

[先頭]  <<    3   4   5   6   7   [8]   9   10   11   12   13   >>   [最後]

技術名称
NETIS登録番号
震災対応上の特徴 ジャンル
DRウォール
KT-050057
河川堤防の液状化緩和対策として用いられるドレーン工の堤脚水路と堤脚保護工として活用できる。地震により堤体の内部に滞留した水をドレーン工により集水し、DRウォールにより速やかに排水を行うことができる。浸透対策のドレーン工設置箇所で多数実績があり、本技術の活用により、省力化が図れ、経済性も向上する。 液状化対策
補修・修復(その他)
応急復旧
JACSMAN
QS-980153
改良体配置を格子状配置にすることにより,砂質地盤のせん断変形の抑制による液状化対策として有効である。岸壁の背面や,地下構造物の近傍など,密着が必要な箇所での施工が可能。大径であるため施工能率に優れる。汚染物の封じ込めにも適用可能。 液状化対策
補修・修復(河川護岸,海岸)
パレスシート工法
KK-090002
砕石置換工法に比べ、薄層の砕石で路床・路盤の要求性能を確保できます。また、シートで砕石層と地山が分離されるため、造成した道路等の撤去も容易で、砕石回収等の省力化を図ることができます。剛性の高い補強枠が砕石層下部に配置されるため、路床・路盤の不同沈下を低減し、高い走行性が確保できます。 液状化対策
補修・修復(路面)
仮設(足場)
SDM-Dy工法
KT-090064
埋設物・構造物近接での変位防止対策を必要とする箇所での施工に適する。液状化層(砂質土N≦20)を改良することで液状化対策となる。ただし、砂礫、ガレキを含む盛土・埋め戻し土は事前に除去が必要となる。排泥を伴わないため、水中施工が可能。 液状化対策
補修・修復(河川護岸,海岸)
WHJ(ダブル・エイチ・ジェイ)工法
KT-070064
河川・湖沼・河口域に面した水域で、水上で杭打ち機を搭載した台船が進入可能な場合の施工に適する。液状化層(砂質土N≦20)を改良することで液状化対策となる。ただし、砂礫、ガレキを含む盛土・埋め戻し土は事前に除去が必要となる。外洋は適さない。 液状化対策
補修・修復(河川護岸,海岸)
ツイン・ブレードミキシング工法
KT-050086
液状化層(砂質土N≦10)を改良することで液状化対策となる。砂礫、ガレキを含む盛土・埋め戻し土は事前に除去が必要となる。施工機のベースがバックホウであるため機動性に優れる。 液状化対策
補修・修復(河川護岸,海岸)
MR-ⅡC(エム・アールツーシー)工法
KT-040058
液状化層(砂質土N≦10)を改良することで液状化対策となる。砂礫、ガレキを含む盛土・埋め戻し土は事前に除去が必要となる。施工機のベースがバックホウ(湿地・超湿地タイプも使用可能)であるため、機動性に優れる。 液状化対策
補修・修復(河川護岸,海岸)
SJMM(エス・ジェイ・エム・エム)工法
KT-030041
液状化層(砂質土N≦20)を改良することで液状化対策となる。砂礫、ガレキを含む盛土・埋め戻し土は事前に除去が必要となる。また、排泥を伴わないため、水中での施工が可能。ただし、重要構造物・埋設物近接工事では変位対策が必要。 液状化対策
補修・修復(河川護岸,海岸)
オープンシールド工法
KT-990261
①函体はPC鋼棒による緊結、函体外周への裏込注入充填効果、可とう継手の設置等により、地震時の地盤の液状化による函体の浮上がり防止や、耐震性の向上した函渠としての復旧が可能。②瓦礫等で足場のない場所の河川改修等の急速施工が可能であり、被災地の浸水対策に最適。 ライフライン復旧
液状化対策
その他
SDM工法
KT-980134
埋設物・構造物近接での変位防止対策を必要とする箇所での施工に適する。液状化層(砂質土N≦20)を改良することで液状化対策となる。ただし、砂礫、ガレキを含む盛土・埋め戻し土は事前に除去が必要となる。排泥を伴わないため、水中施工が可能。 液状化対策
補修・修復(河川護岸,海岸)

Copyright 2011, New Technology Information System.All Rights Reserved..