技術ジャンル検索

キーワード検索:

選択ジャンル:コンクリート構造物   検索結果件数:578件

[先頭]  <<    5   6   7   8   9   [10]   11   12   13   14   15   >>   [最後]

技術名称
NETIS登録番号
震災対応上の特徴 ジャンル
水中コンクリート、ブロック(中空)工法
HKK-120002
・活用の場面:岸壁、護岸、突堤、防波堤等の水中コンクリートによる港湾構造物工事(規模の限度は-4m岸壁まで) ・活用の効果:生コンクリートの供給に苦慮している地域に効果がある。-4m岸壁の例では、全体体積の約64%をプレキャスト化でき、別地域(被災県外)で製作し陸上又は海上運搬後、施工可能である。 補修・修復(コンクリート構造物)
応急復旧
コンクリート改質剤CS-21
CB-020055
地震により発生した不具合箇所の補修に有効。目視では発見し難い微細なひび割れ(0.2㎜程度以下)に対して、躯体表面からの塗布により補修が可能であり、予防保全対策として有効。また、ひび割れ部には注入工法、欠損部には断面修復工法をそれぞれの専用材料(無機系)との組合せにより補修可能。 補修・修復(コンクリート構造物,橋梁)
プレキャストパラペット
CB-110051
本技術は、特殊堤をプレキャスト化したことにより、災害復旧などの緊急性を要する工事において、大幅な工期短縮が可能となった。また、河川側からの鉄筋組立、型枠設置に伴う危険作業及び足場、転落防止柵の設置を不要とし、その結果、安全性向上のメリットができた。 補修・修復(コンクリート構造物,河川護岸)
OGAS(オーガス)工法
KK-110068
震災の影響により、ボックスカルバート・樋門・上下水道施設など地下構造物の伸縮継手部の変位による漏水対策に適した技術です。施工後目地の変位に対しても柔軟に追随し、止水性・耐震性・耐久性に優れています。 ライフライン復旧
補修・修復(コンクリート構造物)
生態系保護緑化 EGW工法
KT-110029
景観・生態系・温暖化防止等を考慮して、復旧工事に於いても宅地・公園・道路・河川等のコンクリート構造物には緑化工法を部分的にも取入れることが望ましい。それにより、周辺環境が改善される。 補修・修復(コンクリート構造物,河川護岸)
SKブロック (大型ブロック)
SK-100003
被災地の復旧工事における問題点として、早期復旧と熟練工の不足が考えられる。本製品は裏型枠の設置・撤去の必要がない為、従来の間知ブロック積工法に比べ大幅な工期短縮が図れ、ブロック両端部が凹凸の噛み合せ構造であることから、カーブ施工においても普通作業員で容易に作業が行え、問題克服に寄与する製品である。 補修・修復(コンクリート構造物,河川護岸)
バスク工法(bask)
QS-110009
簡易的な施工機械、防護柵が不要、プレミクスによる材料供給による一貫した合理化、省力化により、迅速な防災対策として効果がある。 補修・修復(コンクリート構造物,その他)
NAPPアンカー工法
KK-060039
建物への耐震壁の増設による耐震性能の向上や,橋台へのコンクリートブロックの増設による橋梁の落橋防止を行います。 補修・修復(コンクリート構造物,橋梁)
ウォーターガイド工法
KK-060032
トンネル目地やC-BOXのジョイント部などの漏水対策として躯体ズレを生じた箇所にも適用できる。 湿潤状態で施工でき地震などの仮復旧工事にも利用できる。 補修・修復(コンクリート構造物,その他)
FORCA(フォルカ)トウメッシュ工法
KK-060042
被災によりひび割れしたトンネルや老朽化したトンネル覆工の内面に簡単に短工期で取付けることが可能。地震や車両通過によるコンクリート片の剥落を防止しトンネルの防災性向上させる。止水・漏水処理が不要で迅速に施工、緊急復旧対策にも適用可能。簡易足場で人力により施工可能で施工性に優れている。 補修・修復(コンクリート構造物,その他)

Copyright 2011, New Technology Information System.All Rights Reserved..