技術ジャンル検索

キーワード検索:

選択ジャンル:橋梁   検索結果件数:452件

[先頭]  <<    1   2   [3]   4   5   6   7   8   9   10   11   >>   [最後]

技術名称
NETIS登録番号
震災対応上の特徴 ジャンル
ビューレイル(橋梁用ビーム型防護柵)
KK-090004
本製品は、津波災害等で橋梁自体は健全であるが、地覆上の橋梁用防護柵のみが破壊等されている現場において、地覆への過重負荷の低が低い構造により既存地覆を打ち替え等する事無く、防護柵のみ補修し橋梁復旧できる特長を有する。 補修・修復(橋梁)
チタン箔による橋梁塗膜の補強工法
KT-090063
架け替えを行う橋梁の塗装や損傷した鋼橋塗膜の部分補修に適応することができる。 チタン箔を用いて腐食因子の遮断機能を向上して、鋼材を防食する技術である。 補修・修復(橋梁)
SSケーソン工法
KK-980010
被災した橋梁の修復(更新)工事に適用でき、沈下促進用の載荷設備や仮設備等が不要であること施工ヤードの制約条件が少ない点や周辺地盤への影響が少ない工法であることから、近接施工が可能である点が特徴である。 補修・修復(橋梁)
MMジョイント
QS-090019
小型機械による現場練りの合材を使用し、施工が簡単で、短時間で仕上げる事ができ、現場取り合わせにも適している。このため、早期開通を目指す復旧工事に適している。また、実物大供試体を用いた6000往復(15年相当)に及ぶ伸縮試験を行った後でも損傷が無く、伸縮部からの漏水も無い事が確認されている。 補修・修復(橋梁)
道路橋用ハイブリッドジョイントNRCタイプ
KT-060125
本製品は、下層製品が歯型の鋼製で、上層製品が歯型の表面ゴム製で構成されている製品である。施工は、定尺単位の製品のため手で持ち運びが出来る。施工も1日の規制内で取替が可能。 補修・修復(橋梁)
道路橋用ハイブリッドジョイント3Lタイプ
KT-060102
本製品は、1車線ごとに製品を割付、現地に搬送する。3Lタイプは、大型のジョイントになるため現場状況の応じては1日の規制期間内で完了できる。 補修・修復(橋梁)
パズル工法
KK-090023
津波災害により海水を被った発錆支承の機能回復と長期防食に最適。適用構造物・部位:橋梁支承 補修・修復(橋梁)
道路橋用ハイブリッドジョイントS・L・LLタイプ
KT-060145
本製品は、1車線ごとに製品を割付、現地に搬送するため既設伸縮装置の撤去と新規伸縮装置設置が1日の規制期間内で完了できる。また、本製品は、凹凸形状のため車両通過時の衝撃緩和により低騒音化になる特徴をもつ。 補修・修復(橋梁)
機能内蔵型SNゴム支承
KK-050062
震災により既設固定・可動支承が損傷し、支承取替えが必要となった場合に、機能内蔵型SNゴム支承は、その軽量・コンパクトな構造により、下部構造への斫り作業や支承据付け作業の軽減が行うことができる。 補修・修復(橋梁)
落橋防止構造用緩衝チェーン
SK-980036
ショックレスチェーン部分の衝撃力緩和効果により、構造物に伝達される力を低減することができ、また、どのような力の作用方向に対しても追従可能です。 上部構造および下部構造に取付けるブラケットの形状を小さくでき、簡素で自由度の高い構造とすることで現場での取付けが容易となります。 補修・修復(橋梁)

Copyright 2011, New Technology Information System.All Rights Reserved..