技術ジャンル検索

キーワード検索:

選択ジャンル:橋梁   検索結果件数:471件

[先頭]  <<    1   2   3   4   5   [6]   7   8   9   10   11   >>   [最後]

技術名称
NETIS登録番号
震災対応上の特徴 ジャンル
RI-Bridge工法
KT-070001
上下部一体のラーメン橋梁であり、支承構造の桁橋に比べて耐震性能が高い。また、従来工法に比べて工期が大幅に短縮されるため、被災した橋梁の再構築あるいは迂回路の構築にあたって社会的損失が低減される。 補修・修復(橋梁)
パネルHBB(パネル・Hビーム・ブリッジ)
HR-030028
コンクリート橋と比較して死荷重が低減できるため、新設工事のほか既存下部工を再利用した災害復旧工事に適応します。また、足場防護を必要とせず急速施工が可能なため、長期の交通規制が困難な高架橋、跨線橋・跨道橋などの立体交差の建設にも適しています。桁高制限のある場合も低構造高に対応した設計が可能です。 補修・修復(橋梁)
スーパーEpoグース
CB-100025
従来鋼床版の基層用として用いられてきたグースアスファルトの代わりに、エポキシアスファルトを使用した細粒度混合物を用いる工法。震災で損傷した鋼床版舗装の打換えに使用し、ライフサイクルコストの向上が期待できる。 補修・修復(橋梁)
アンボンドブレース
KK-100051
地震で被災した鋼製橋梁の補修補強工事において,鋼斜材をアンボンドブレースに取替えることで,橋梁本体の補修補強範囲を小さくできる可能性があります.これにともなって,工期短縮,工費縮減を図ることができる可能性があります. 補修・修復(橋梁)
ラスコールN#500システム
KK-050031
防食性、耐久性付与などの技術面でのメリットに加え、任意の仕上げ色が選択可能なことから次のメリットがあります。各地域で異なる自然環境、産業、住民意識など、それぞれの個性、イメージに合せた仕上げ色にすることにより、震災からの復旧・復興へのモチベーション向上に少しでも寄与できる。 補修・修復(橋梁)
FRP,DRAIN(FRP排水桝)
CB-100064
比重が鋳物の1/4と軽量な材質FRPを使っていただくことにより、人力で運搬、横持ちが可能となり、重機が無くても設置が可能です。 補修・修復(橋梁)
コンクリート構造物のクラック自動抽出システム
KT-130046
最大で50m離れたところからの調査が可能なので、瓦礫等で接近の難しい構造物の調査に適している。真上への撮影も可能。 補修・修復(コンクリート構造物,橋梁)
セーフティーパイプベント
KT-120022
橋梁の補修・修復工事において、桁を仮受けするベント(支保工)として使用します。現場組立部材数の低減により施工性が向上するため、経済性の向上および工期短縮が図られます。 補修・修復(橋梁)
仮設(足場)
マグネシウム含有亜鉛末塗料「マザックス」
KT-170072
被災した鋼構造物の発錆箇所の簡易補修に最適であり、防錆処置として応急的補修工事に適用できる。 補修・修復(コンクリート構造物,橋梁)
タフガードクリヤー工法
KT-170015
震災の影響により、現在生じているコンクリート躯体の亀裂や欠損部が進行していないかを目視で確認できる。エナメル塗料では躯体の亀裂が確認しづらいが、本工法はクリヤーなので、躯体状況が破壊検査なく目視で確認可能。現在亀裂がない躯体に関しても、新たな天災が発生が発生した場合は、上記と同様の効果が得られる。 補修・修復(コンクリート構造物,橋梁)

Copyright 2011, New Technology Information System.All Rights Reserved..