技術ジャンル検索

キーワード検索:

選択ジャンル:橋梁   検索結果件数:469件

[先頭]  <<    3   4   5   6   7   [8]   9   10   11   12   13   >>   [最後]

技術名称
NETIS登録番号
震災対応上の特徴 ジャンル
親子フィラー
KT-130088
・親子フィラーに変えたことにより、現場溶接の作業時間がなくなるため、工期短縮が図れる。現場溶接が不要になり施工性の向上や火災の危険がなくなるため、安全性の向上が図れる。 補修・修復(コンクリート構造物,橋梁)
土木分野向けEAZET工法
KT-130042
狭隘地施工や隣接建設物への近接施工、上空制限下での施工が可能なため、 ・既存建設物を避けて被災建設物への杭施工が可能 ・既存建設物に近接して耐震補強のための杭施工が可能 ・既存建設物内での耐震壁増設のための杭施工が可能 杭の抜取りが容易なため、 ・本技術を使用した仮設建設物撤去後の現状復帰が容易 補修・修復(コンクリート構造物,橋梁)
べベルカルバート 
CG-120037
交差角60°~90°未満に自由に対応できるようにべベルカルバートを規格化しました。斜角の道路交差工事を短期間に完成させることによって、工事期間中の片側通行などによる交通渋滞日数を低減できます。迅速さを求める緊急の災害復旧・復興工事において、より短期間で斜角で交差する道路などの構築に効果を発揮します。 補修・修復(コンクリート構造物,橋梁)
ラストフリー2層工法
KK-120070
本技術は1液性塗料、2層塗りの防錆工法であるため、熟練工や特殊な機械を必要とせず、従来の重防食塗装の5層塗りに比較して大幅に工期が短縮され、期待耐用年数は長く、ライフサイクルコストで有利であることを特徴とする。よって、震災復旧工事特有の熟練工不要、工期短縮といったニーズにも応えられるものである。 補修・修復(橋梁,その他)
浸透性吸水防止材「レジソークType1」
CG-120004
新設だけではなく、震災の影響により微細なひび割れや欠損部の補修等を施工したコンクリート構造物に本材料を塗布することで、水分や塩分の浸入を防ぐことにより、コンクリート構造物の耐久性を向上させることができる。また、施工は容易(1回塗布)でコストも安価である。 補修・修復(コンクリート構造物,橋梁)
ショーボンドCAP工法
KT-120057
特殊な注入器具を用いないため、早期補修が可能です。 補修・修復(コンクリート構造物,橋梁)
RECC工法
KT-120028
水中部にある橋脚の被災状況の詳細調査や補強・補修工事を行う際に、本工法を適用すれば鋼矢板による仮締切と比べて、短期間で行うことができます。 補修・修復(橋梁)
その他
コンクリート改質剤CS-21
CB-020055
地震により発生した不具合箇所の補修に有効。目視では発見し難い微細なひび割れ(0.2㎜程度以下)に対して、躯体表面からの塗布により補修が可能であり、予防保全対策として有効。また、ひび割れ部には注入工法、欠損部には断面修復工法をそれぞれの専用材料(無機系)との組合せにより補修可能。 補修・修復(コンクリート構造物,橋梁)
コンパクト ストッパー (KCS)
KT-120008
KCSは小型・軽量化および構造を単純化したことで、桁下の狭い空間にも取付け可能である。水平力及び上揚力に対しては、レベル2まで適用可能なストッパーである。 補修・修復(橋梁)
その他
背面処理工【可撓性踏掛版】
CB-060031
東日本大震災では踏掛版のない橋梁やBOXカルバート等の構造物と土工部の境界に急激な段差が発生し車両通行に支障をきたした。背面処理工により境界での段差の発生を抑制できるため車両通行が可能となる。既設橋梁への設置が容易で、短時間での交通解放が可能である。 補修・修復(橋梁,路面)

Copyright 2011, New Technology Information System.All Rights Reserved..