技術ジャンル検索

キーワード検索:

選択ジャンル:路面   検索結果件数:328件

[先頭]  <<    2   3   4   5   6   [7]   8   9   10   11   12   >>   [最後]

技術名称
NETIS登録番号
震災対応上の特徴 ジャンル
木製ガードレール
TH-990131
公的性能確認試験を実施しており、道路利用者の安全性を確保できる。災害復旧において、地元産出の木材を活用でき、地元の雇用を創出すると共に、日本の原風景に合致する天然素材を用いたことで、関係者の心の安らぎを得られる。また、他の材質の製品に比べて、製造や運搬に消費するエネルギーを最小限に止められる。 補修・修復(橋梁,路面)
ビスコミックス
KT-990234
 混合物温度の低下を抑制(保温対策)すれば、長時間経っても施工性が変化しません。①遠方から出荷する場合・運搬に障害が伴う場合など、運搬に時間を要する場合に適する(5時間程度以上運搬可)、②劣化対策を講じた合材サイロでの貯蔵が可能である、等の特長を有します。 ライフライン復旧
補修・修復(路面)
視覚障害者誘導用シート「アトムセフティーガイド」
CG-090008
速乾性接着材を使用しており、従来の点字ブロック等より施工及び規制時間が短く、特殊な施工機具を必要としない為、補修・修復に迅速な対応ができる。また、機具の進入できない狭い場所や小面積の部分補修にも適している。シートは柔軟且つ軽量であり、汎用の粘着テープ等で仮設置が可能で、応急復旧にも使用できる。 補修・修復(路面)
応急復旧
岩盤杭打ち 『クレーンドリル工法』
HR-050032
新潟県中越地震の震災では、道路復旧や法面防護、トンネル坑口の落石防護シェッドの基礎杭打設など、抑止杭・親杭(H型鋼、鋼管杭)を施工しました。震災の影響で施工工期・エリアが限定される現場で評価を頂きました。 補修・修復(路面,その他)
排水性舗装用溝切り工法
SK-020015
排水性舗装だけでなく普通アスファルトの表層に排水溝(縦断方向、横断方向)を施工し、本来の側道にある排水構造物の全面復旧までの排水をおこなう。融雪溝の施工。溝幅多数あり 補修・修復(路面)
応急復旧
バリアフリーペイブ
SK-000015
舗装用ブロックの側面に嵌合形状を設けることにより、舗装ブロックが一つの面舗装となり、震災時の液状化現象による路面の隆起や沈下が生じた場合においても、嵌合形状の効果により、不陸や段差の発生を抑制することができ、復旧による補修工事や修復工事を抑えることができます。 液状化対策
補修・修復(路面)
再帰反射塗装ビーム車両用防護柵
KK-090007
本技術は、安全に留意する箇所への設置することで、添加物、突起物なく景観に配慮した再帰反射機能付の車両柵であり、計画・設計時に安全と景観の両立が可能となります。 補修・修復(路面)
計画・設計
耐雪型歩行者自転車用勾配自在柵
KK-080049
本技術は、計画・設計時に、現場線形の測量なしで計画可能な勾配自在縦格子柵です。積雪地域にも対応可能な耐雪強度があります。避難経路など転落防止に有効です。縦格子柵でありながら端尺パネルも現場カットが可能です。 補修・修復(路面)
計画・設計
勾配自在柵
KK-070014
本技術は道路復興時の計画・設計において、路面勾配等は測定せずに現場にて任意の線形に施工が可能な歩行者・自転車用防護柵である。避難経路などへの設置誘導サイン付などの対応も可能です。 補修・修復(路面)
計画・設計
センタービーム型歩行者自転車用柵 UP
KK-070025
本技術は道路復興時の計画・設計において、歩車道分離柵として設計する際歩行者の安全性を高めまた、施工性が良いのでスピーディーに復旧が可能です。また、ビームには再帰反射塗装の対応も可能です。 補修・修復(路面)
計画・設計

Copyright 2011, New Technology Information System.All Rights Reserved..