技術情報詳細

NETIS登録番号 QSK-090005
技術名称 GCS900 バックホウ浚渫3Dガイダンスシステム
ジャンル 補修・修復(河川護岸,海岸),無人化施工,応急復旧
技術概要 バックホウにRTK-GPSと角度センサーを取付け、バックホウの位置と向き、バケットの向き、爪先の位置と高さを1cmの単位でモニター表示する。キャビン内のモニターには計画等の図面とバケット等の位置が計算結果に従いリアルタイムに表示され、浚渫等の作業を行う事が出来る。
震災対応上の特徴 地図、図面などに重ねて施工できる。周辺に基準点がなくてもVRS-GNSS利用により数cm、SBAS利用の場合には1m以下の精度で施工可能。必要精度・状況に応じて最適な構成を選択できる。施工した箇所は記録でき、トレーサビリティが向上。航路の浚渫、沿岸の瓦礫・土砂撤去、護岸工事などに最適。
関連URL http://www.nikon-trimble.co.jp/
開発会社 株式会社ニコン・トリンブル、株式会社大本組、株式会社中田組、小柳建設株式会社

※災害対応関連工事・業務における活用実績

活用工事・業務件数 0 件
実績1 工期  災害名 
工事・業務名  発注者 
実績2 工期 災害名
工事・業務名 発注者
実績3 工期 災害名
工事・業務名 発注者
実績4 工期 災害名
工事・業務名 発注者
実績5 工期 災害名
工事・業務名 発注者

※連絡先

郵便番号 144 - 0035
住所 東京都大田区南蒲田2-16-2
連絡担当者 コンストラクション営業部 建設ICT推進グループ 永井知子
TEL 03-3737-9411
TEL2
FAX 03-3737-9415
メールアドレス nagai.tomoko@nikon-trimble.net